コース別研修内容

HOME > 看護部 >コース別研修内容

各コース別研修内容

精神科コースI
初心者ナース(新入職者―八事看護専門学校入学者対象)
・入職時オリエンテーション
目標 1.病院の組織・概要を知り、看護方針を理解できる。
2.基本的な看護援助が理解できる。
3.社会人としての基本的態度を身につける。
内容 看護部の体制、看護者の倫理綱領、看護者の責務、医療安全対策T、精神保健福祉法T(患者の権利)、看護記録T(個人情報、診療情報)、精神科看護とは(鍵の管理)、包括的暴力防止プログラムT、薬物療法(与薬の技術T)、救急看護T(AED)、排泄の介助、接遇、コミュニケーション技術、感染対策など
評価 各講義に対して、アンケート評価を実施。
担当 看護師長、看護副主任
・新入職者夏期研修
目標 1.救急蘇生法を学び、実践できる。
2.身体介入技術が実践できる。
3.基本的な知識・技術を学ぶことができる。
内容 救急看護U、包括的暴力防止プログラムU、看護記録U、コミュニケーショントレーニング、精神保健福祉法U(行動制限とは)
入職時オリエンテーションの救急看護について振り返り、最新の救急活動について、実技(デモンストレーション)など
評価 アンケート評価を実施、実技に対しての評価
担当 看護師長、看護副主任

精神科コースII
新人ナース(新卒者―八事看専卒業生及び他校の新卒者対象)
・入職時オリエンテーション
目標 1.病院の組織・概要を知り、看護方針を理解できる。
2.基本的な看護援助が理解できる。
3.社会人としての基本的態度を身につける。
内容 看護部の体制、看護者の倫理綱領、看護者の責務、医療安全対策T、精神保健福祉法T(患者の権利)、看護記録T(個人情報、診療情報)、精神科看護とは(鍵の管理)、包括的暴力防止プログラムT、薬物療法(与薬の技術T)、救急看護T(AED)、排泄の介助、接遇、コミュニケーション技術、感染対策など
評価 各講義に対して、アンケート評価を実施。
担当 看護師長、看護副主任
・新入職者夏期研修
目標 1.救急蘇生法を学び、実践できる。
2.身体介入技術が実践できる。
3.基本的な知識・技術を学ぶことができる。
内容 救急看護U、包括的暴力防止プログラムU、看護記録U、コミュニケーショントレーニング、精神保健福祉法U(行動制限とは)
入職時オリエンテーションの救急看護について振り返り、最新の救急活動について、実技(デモンストレーション)など
評価 アンケート評価を実施、実技に対しての評価
担当 看護師長、看護副主任
・卒後1ヵ月研修
目標 1.看護ケアに必要な基本的知識を実践に活かすことができる。
2.組織の一員として看護業務を実践し、チームメンバーとして行動ができる。
  提出物(受け持ち看護師としての一日)
内容 チームナーシング、フィジカルアセスメントT、与薬の技術U(静脈血採血)
評価 アンケート評価を実施
担当 看護師長、看護副主任
・卒後3ヵ月研修
目標 1.精神疾患を理解し、看護実践できる。
内容 疾患の理解(統合失調症・躁うつ病)、精神科看護U、看護過程
提出物(受け持ち看護師としての一日、卒後チェックリスト)
評価 アンケート評価を実施、卒後チェックリストによる自己評価・他己評価
担当 看護師長、看護副主任

精神科コースIII
一人前ナース(卒後2年目以降のナース対象)
・卒後2年目研修T
目標 1.看護ケアが実践でき、自立できる。
内容 内容 フィジカルアセスメントU、看護研究(中級編)
提出物(卒後チェックリスト
評価 アンケート評価を実施、卒後チェックリストによる自己評価・他己評価
担当 看護師長、看護副主任
・卒後2年目研修U
目標 1.医療安全対策や事故対策に対して正しい知識を習得し、実践できる。
内容 医療安全対策U、包括的暴力防止プログラムV
評価 アンケート評価を実施
担当 看護師長、看護副主任

精神科コースIV
中堅ナース(卒後3年目以降のナース対象)
・卒後3年目研修T
目標 1.チームリーダーの役割ができ、新人看護師の指導ができる。
内容 リーダーの役割(交流分析)、看護研究(上級編)、看護理論、
提出物(看護観レポート、卒後チェックリスト)
評価 アンケート評価を実施、卒後チェックリストによる自己評価・他己評価
担当 看護師長(臨地実習担当)、研修を受講したもの(該当病棟の看護副主任がフォロー)
・卒後3年目研修U
目標 1.臨地実習指導者として教育・指導の原理、指導方法を学習・理解し、看護学生の指導に役立てる。
内容 教育・指導の原理について、精神科における実習指導について
提出物(なし)
評価 アンケート評価を実施
担当 看護師長(臨地実習担当)、研修を受講したもの(該当病棟の看護副主任がフォロー)

精神科コースW
中堅ナース(卒後4年目以降のナース対象)
・卒後4年目研修
目標 1.リーダーシップの要素を理解して、発揮できる。
内容 リーダーシップとは、看護倫理、クリティークとは
評価 アンケート評価を実施
担当 看護師長、看護副主任

精神科コースV
達人ナース(卒後5年目以降のナース対象)
・ジェネラリスト研修
目標 エキスパートナースとして発揮でき、後輩看護師の指導ができる。
内容 精神科医療の動向と今後の課題、目標管理
評価 アンケート評価を実施
担当 看護師長、看護副主任

グレードアップ研修
・プリセプター研修
目標 1.プリセプターシップについて学び、役割が理解できる。
2.プリセプターとして、意欲を持って指導ができる。
内容 新人教育とは、プリセプターシップとは
評価 アンケート評価を実施
担当 看護師長(教育担当)
・プリセプターフォローアップ研修(年3回実施 06月・09月・02月)
目標 1.プリセプター同士の悩みと喜びを共有し、共通理解のもと意欲向上ができる。
2.プリセプターとしての体験を通して自己の振り返りができる。
内容 プリセプターの役割と実際、グループディスカッション、私の指導観
提出物(自己評価表・他己評価表)
評価 アンケート評価を実施、プリセプター自己評価・プリセプティによる他己評価
担当 看護師長(教育担当)
・エキスパートナース研修(副主任研修)
目標 副主任としての役割が理解でき、スタッフ指導ができる。
内容 未定
評価 アンケート評価を実施
担当 看護部長、看護師長、看護副主任
・疾患看護研修
目標 疾患の理解と看護実践ができる。
内容 統合失調症、躁うつ病など
評価 アンケート評価を実施
担当 看護師長(石塚師長、船橋師長)
・事例検討会(年2回)
目標 看護援助や方向性が導き出し、患者理解ができる。
内容 事例を通してグループディスカッションを行う。
事例提供(西2病棟・西3病棟)事例提供者(該当病棟の看護副主任)
評価 なし
担当 看護師長(石塚師長、船橋師長)
・伝達講習会(1回/2ヵ月)
目標 研修参加者の伝達を行うことで情報の共有ができる。
内容 2ヵ月間で研修に参加した参加者から講習会を行う。
評価 なし
担当 看護師長、看護副主任
・准看護師研修
目標 准看護師としての役割が理解でき、チームメンバーとして行動ができる。
内容 いきいき職場作り
評価 アンケート評価を実施
担当 看護師長
ページTOPへ

| HOME | 病院紹介 | 診療科案内 | 入院案内 | 外来案内 | 看護部 | 採用情報 | 関連施設・協力施設 | 個人情報保護方針 | サイトマップ |
医療法人資生会 八事病院
〒468-0073 名古屋市天白区塩釜口1丁目403番地 TEL: (052) 832-2111 (代表) /FAX: (052) 832-2135
Copyright(C) Yagoto Hospital All Rights Reserved.