精神科

HOME > 診療科案内 > 認知症専門治療

認知症を対象とした専門治療の案内

現在、わが国は欧米を上回る高齢化社会を迎えており、本邦での認知症の患者は200万人にものぼると推定されています。認知症は、通常、記憶障害や言葉の障害などの中核症状以外に、幻覚や妄想などの周辺症状も併発し、介護者の大きな負担となっています。
当院では、このような現状をふまえ、認知症および脳器質疾患を対象とした専門的な治療をおこなっています。当院は、日本老年精神学会の専門医が専門的な治療を行っています。
具体的には、

  1. 認知症患者を、早期の段階で正確に診断し、早期治療を開始します。
    なお、画像診断などは名古屋市立大学病院などと連携し、高度な画像診断も可能です。
  2. 幻覚や妄想などに苦しむ患者さまや介護者のために、適切な治療をおこない、適切な介護計画をたてて、介護者をサポートし、患者さまのQOLを高めます。
    毎週、介護者を支援し、患者さまをリハビリする統合的なプログラムも実施(うらら会)しています。また、薬物療法以外の介入も検討しています。
  3. 必要に応じて、随時、入院による精査・鑑別診断・治療もおこなっています。

以下のような問題でお悩みの方は気軽にご相談ください。

photo*単に老化による物忘れか、認知症なのかしりたい。
*うつ病による物忘れか、認知症による物忘れか判断してほしい。
*幻覚や妄想が出現したが、どのように対処していいか困っている。
*イライラして、怒りやすくなった。対処に困っている。
*徘徊がひどくなった。
*デイサービスに行こうとせず、意欲がない。
*同じ行動や言葉をくりかえし、特定の時間にこだわるようになった。ピック病かどうか診断してほしい。
*初期の認知症らしいが、今後の介護方針をたててほしい。
*幻覚に行動が左右され、レビー小体病という病気のようだ。

*入院しての身体チェックも受付ます。

ページTOPへ

| HOME | 病院紹介 | 診療科案内 | 入院案内 | 外来案内 | 看護部 | 採用情報 | 関連施設・協力施設 | 個人情報保護方針 | サイトマップ |
医療法人資生会 八事病院
〒468-0073 名古屋市天白区塩釜口1丁目403番地 TEL: (052) 832-2111 (代表) /FAX: (052) 832-2135
Copyright(C) Yagoto Hospital All Rights Reserved.